【インド】スズキ、SUVビターラブレッツァに新型[車両](2020/02/10)

7652accf 159a 4a2d af2b 97e0ac2f60c2
小型SUV市場をけん引するビターラ・ブレッツァがデザインを刷新(マルチ・スズキ提供)

小型SUV市場をけん引するビターラ・ブレッツァがデザインを刷新(マルチ・スズキ提供)

インドの自動車最大手マルチ・スズキは、北部グレーターノイダで開催中の自動車見本市「オート・エキスポ」で6日、小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ビターラ・ブレッツァ」の新型を発表した。発売日は未公表だが、全国の販売店「マルチ・スズキ・アリーナ」で予約受け付けを開始した。

新型は、4月に導入される新たな排ガス規制「バーラト・ステージ6(BS6)」に対応した排気量1.5リットルのガソリンエンジンを搭載した。フロント部分など、デザインも一新。大胆でスポーティーな印象を強めた。

燃費は、マニュアルトランスミッション(MT)仕様がガソリン1リットル当たり17.03キロ、「スマートハイブリッド」を搭載したオートマチックトランスミッション(AT)仕様が同18.76キロとなる。

ビターラ・ブレッツァは2016年の発売。累計50万台以上を販売し、小型SUV市場をけん引している。

■SUV「イグニス」の新型も

マルチ・スズキは7日には、小型SUV「イグニス」の新型もお披露目した。

BS6対応の排気量1.2リットルのガソリンエンジンを搭載。フロントグリルをU字のモチーフを使ったデザインにするなど、変更を加えた。

鮎川堅一社長兼最高経営責任者(CEO)は、「デザインと広々とした車内空間が消費者を引きつける」と語った。発売時期は公表していない。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント