【インドネシア】ヤマハ、バイクと連動するスマホアプリ提供[車両](2020/02/06)

51e37706 434c 4629 a8c3 e3eb931c106d

ヤマハ発動機の現地子会社ヤマハ・インドネシア・モーター・マニュファクチャリング(YIMM)は4日、スマートフォンとバイクを接続するアプリ「Yコネクト」を発表した。国産バイクとスマホを接続するアプリを導入したのはYIMMが初めてという。

Yコネクトを通じて、バイクの駐輪場所やガソリン消費量の確認、エンジンオイルとバッテリーのメンテナンス時期や問題発生時の通知の受け取りなどをスマホでできるようになる。スマホに電話やメールなどが入った際にバイクの電子速度計に通知することもできる。

スクーター「NMAX(エヌマックス)」(排気量155cc)の最新モデルがYコネクトに対応している。エヌマックスの首都ジャカルタでの価格は3,375万ルピア(約27万円)。

Yコネクトを発表したYIMMの森本実社長(中央)=4日(同社提供)

Yコネクトを発表したYIMMの森本実社長(中央)=4日(同社提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント