【マレーシア】空港内を搭乗まで顔パス、日本便に試験導入[運輸](2020/01/31)

空港運営マレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)は29日、クアラルンプール国際空港(KLIA)に、チェックインから搭乗口までの本人確認を顔認証だけで済ませるシステムを試験導入したと発表した。マレーシア航空が毎日運航している東京・成田便と大阪・関西国際空港便で3カ月間実施する。

システムの試験導入は、マレーシア航空、航空産業向け通信ソリューションの世界大手SITAの協力で実施する。空港内の各チェックポイントで、搭乗券とパスポートを提示することなく顔認証だけで本人を確認する。搭乗者は、チェックインカウンター「H5」~「H8」に設置されたスキャナーで顔を認識させれば、荷物検査と搭乗口の改札を顔認証だけで本人確認を済ませられる。

MAHBは、3カ月間の試験導入が成功すれば、KLIAの全便に同システムを導入する計画。マレーシア航空のイズハム・イスマイル最高経営責任者(CEO)は「年内に全便に導入したい」と意欲を示した。

同取り組みは、KLIAをビッグデータ分析を活用したスマート空港にするための「空港4.0」イニシアチブの一環という。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント