【シンガポール】腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善[経済](2020/01/28)

Cd76d976 44df 4b37 ad1f cb1fe0c62192

トランスペアレンシー・インターナショナル(国際透明性機構、TI)は2019年版の「腐敗認識指数(CPI)」を公表した。東南アジア諸国連合(ASEAN)では、シンガポールが最も汚職が少なかった。ベトナムなど5カ国は前年から順位が上昇した。

TIは国際機関やシンクタンクのデータを基に、世界180カ国・地域について腐敗認識度を100点満点で指数化した。数値が高くなるほど汚職が少ないと認識される。

シンガポールの指数は85で、スウェーデン、スイスと同率の世界4位だった。順位は18年から1ランク後退した。

ASEAN諸国では、マレーシア、インドネシア、ベトナム、ラオス、ミャンマーで前年より順位が上昇。ベトナムは117位から96位へと大きく改善した。

一方、ブルネイ、タイ、フィリピン、カンボジアは順位を落とした。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント