【インド】バンダイナムコ、西部でゲーセン2号店開業[商業](2020/01/13)

618ea842 e362 4271 98a2 bd32d1c317c7
バンダイナムコが3日に開業した娯楽施設の2号店(同社提供)

バンダイナムコが3日に開業した娯楽施設の2号店(同社提供)

バンダイナムコアミューズメントは10日、インド西部マハラシュトラ州でアミューズメント施設の2号店を開業したと発表した。約810坪(2,678平方メートル)の大型店舗で、インド最大級のアミューズメント施設という。

ムンバイ近郊のナビムンバイにある商業施設「シーウッズ・グランド・セントラル」に出店した。施設の名称は「ナムコ・シーウッズ・グランド・セントラル」。インド法人、バンダイナムコ・インディアの八木健夫・取締役兼最高執行責任者(COO)によると今月3日に当局の認可が下り、正式開業に至った。

2号店は子ども向けの「キッズワールド」、スポーツゲームを中心とした「スポーツワールド」など6つのゾーンで構成。100台を超えるゲーム機を設置したほか、電動ゴーカートも楽しめる施設となっている。

バンダイナムコは2015年にインド法人を設立し、ムンバイの商業施設「オベロイ・モール」で娯楽施設の1号店を開業した。1号店の面積は859平方メートル。2号店は、1号店の3倍超の広さとした。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント