【ミャンマー】習近平国家主席、17日にミャンマー来訪か[政治](2020/01/10)

中国の習近平国家主席が、17日にミャンマーを公式訪問するもようだ。同主席は、中国が提唱する広域経済圏構想「一帯一路」の関連プロジェクトなど、両国間で合意した開発計画の加速を求めるとみられる。ミッジマが5日伝えた。

習氏は、ミャンマーが軍事政権下にあった2009年に国家副主席として訪問しており、今回は11年ぶりとなる。アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相やウィン・ミン大統領との首脳会談では、一帯一路や、その一環としての中国・ミャンマー経済回廊の建設、中国にとってインド洋への窓口となる西部ラカイン州のチャウピュー経済特区(SEZ)の開発などが協議される見込み。

習主席はまた、中国系企業が06年に開発に着手しながら、テイン・セイン前政権が環境破壊などへの懸念から11年に中止を決定した北部カチン州ミッソンダムの建設再開を求める可能性がある。

ミャンマーはラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャに対する迫害問題で欧米などからの批判にさらされており、中国との関係強化を図る可能性が指摘されている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント