【韓国】アジア女性の未来語る、亜洲がフォーラム[経済](2019/11/29)

6a559889 9872 4bca bcae 2d97bf4ff873
韓国で出会った女性について「自分の仕事に誇りを持つプロフェッショナルな女性が多い」と話す辻次長=28日、ソウル(NNA撮影)

韓国で出会った女性について「自分の仕事に誇りを持つプロフェッショナルな女性が多い」と話す辻次長=28日、ソウル(NNA撮影)

亜洲経済新聞とNNAが共同開催する「2019 グローバル・女性リーダーシップ・フォーラム」が28日、ソウル市内で開かれた。約100人が参加し、韓国、日本、ベトナムの識者が第4次産業革命(インダストリー4.0)時代における女性の未来について解説した。

日本からは日本政府観光局(JNTO)ソウル事務所の辻千春次長が登壇し、「日本人女性の社会進出と日本女性から見た日本と韓国の女性」と題して講演した。辻次長は、セクハラや育児休暇の取りにくい企業の雰囲気など、日本人女性がビジネス社会で抱える問題を取り上げつつ、女性の活躍が進むJNTOの職場環境の内情を伝えた。日本と韓国での女性の役割については「そもそも男性と女性は体の構造が違う。男女平等の追求よりも、女性が輝ける職場で生き生きと人生を送ることが社会のためになる」と強調した。

他には、韓国社団法人のUN未来フォーラムの朴英淑(パク・ヨンスク)代表は「第4次産業革命時代に未来を変える女性」をテーマに解説。ベトナムの情報通信技術(ICT)企業FPTのキム・ソイ・コリアマーケティング責任首席は、ベトナム女性の経済活動の現況を報告した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント