【台湾】デルタ、森美術館に8Kプロジェクター提供[IT](2019/11/22)

4733617a 2cee 4fbc b84d bff11d0bf9b0
デルタの8Kプロジェクターを使用した作品(同社提供)

デルタの8Kプロジェクターを使用した作品(同社提供)

台湾の電源ユニット製造大手、台達電子工業(デルタ・エレクトロニクス)はこのほど、東京・森美術館に同社の8Kプロジェクターを提供すると発表した。同プロジェクターの運用は初めて。日本の有名美術館への導入を契機に、テーマパークや天文館、商業施設などへの販売拡大を目指す。

19日に始まった展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」への協賛を通じて、導入された。

デルタはロンドンに拠点を置くアーティスト、メモ・アクテン氏の作品に、世界初の8K DLPプロジェクター「インサイト・レーザー8K」を提供した。同プロジェクターは傘下でハイエンドプロジェクターを手掛ける英デジタル・プロジェクションと共同開発。展覧会では3,300万画素の高画質を280インチの大画面で体験できる。

デルタの創業者、鄭崇華氏は「8KはHDの16倍以上の解像度を持ち、鮮やかな色合いを表現することができる。デルタの技術を用いて未来の芸術の在り方などをアピールしたい」と期待を寄せた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント