【韓国】ダイナースカード韓国撤退、現代と契約満了[金融](2019/11/14)

米クレジットカード大手のダイナースクラブが、提携先の現代カードとの契約が年末で終了することに伴い韓国から撤退するもようだ。韓国カード業界の競争激化によって提携による効果が減り、損失が膨らんだためという。

ダイナースクラブは1984年に支社を設立し、韓国で初のクレジットカードを発行した。93年に旧大宇グループに編入。2001年には現代自動車グループの傘下に入り、現代カードの母体となった。その後、現代カードとは提携関係に切り替え、ダイナースマイレージやダイナースMポイントなどのカードを発行してきた。

すでに発行したカードについては、有効期間が切れる2024年までサービスを維持する方針だ。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント