【香港】香港から東南アジアへ、プラごみ輸出急増[経済](2019/11/13)

香港の環境団体、グリーンアース(緑惜地球)の調査によると、香港から東南アジア諸国へのプラスチックごみの輸出が急増している。中国本土が2018年1月にプラごみの輸入を禁止したことが背景にある。12日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

香港は18年、米国、日本、ドイツ、英国、メキシコなどからプラごみを輸入し、28万トンをタイやマレーシア、ベトナムなどに再輸出した。タイには16年の2.8倍、マレーシアには76倍、ベトナムには22倍の量を輸出し、輸出先国は増えつつある。本土でプラごみ輸入が禁止される前は、本土が主な受け入れ先だった。

グリーンアースの調査担当者は、本土の輸入禁止を受け、適切な処理施設を持たない発展途上国にプラごみが送られている可能性があると述べ、排出国が責任を持って処理する必要性を指摘した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント