【タイ】APホンダ、スクーター「ADV150」発売[車両](2019/10/29)

59e7c3de d0b2 4f15 aba5 046691283029
APホンダは28日、スクーター「ADV150」を正式に発売した(同社提供)

APホンダは28日、スクーター「ADV150」を正式に発売した(同社提供)

ホンダの二輪事業のタイ法人APホンダは28日、スクーター「ADV150」を正式に発売した。新型モデルの投入を通じて、通年の販売目標とする137万台の達成を目指す。

ADV150は、排気量150ccの水冷・4ストロークエンジンを搭載。大型モデル「X―ADV」のデザインを引き継いでいる。ボディーカラーは3種類で、メーカー希望小売価格は9万7,900バーツ(約35万円)。全国の販売・サービスセンター「ホンダ・ウイング・センター」で販売している。

正式な発売に先立ち、26~27日にバンコク中心部の商業施設「セントラル・ワールド(CW)」で先行販売を実施。また11月2~3日には、バンコク東部のラムカムヘン通りにある交通教育センター「ホンダ・セーフティー・ドライビング・センター(HSDC)」で試乗会を実施する予定だ。

APホンダの木村滋利社長は9月末、1~8月の販売台数は94万2,000台と見通しを上回ったとした上で、「通年目標とする前年比2%減の137万台を達成するためには、一層努力する必要がある」と発言。2019年の国内の二輪車市場(排気量400cc以上の大型バイクは除く)の見通しについては、年初に発表した前年比3.9%減の172万台に据え置くとした。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント