【中国】成田空港、中国4都市へ直行便を拡充[運輸](2019/10/28)

成田国際空港(NAA)は25日、成田空港と中国4都市を結ぶ国際線が新たに就航すると発表した。成田空港と上海浦東、広東省深セン、福建省福州、北京首都を結ぶ直行便が月内に運航を開始する。

このうち、浦東と深センへの直行便は中国南方航空(広東省広州市)が運航する。成田―浦東は27日に就航。機材はエアバス330またはボーイング777で、毎日運航する。成田―深センは29日に運航を始める。機材はエアバス321で、火、木、土曜の週3便。

成田―福州の直行便は厦門(アモイ)航空(福建省厦門市)が27日から運航を始める。機材はボーイング787で、毎日運航する。

成田―北京首都の直行便は海南航空(海南省海口市)が31日に就航する。機材はボーイング737で、月、火、木、土曜の週4便。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント