【シンガポール】自動運転車の試験走行、西部全域に拡大へ[車両](2019/10/25)

Cab59260 d2d0 4f3f 80d2 8f18a1a3391d
自動運転車の試験走行の新規許可地域と既存許可地域(LTA提供)

自動運転車の試験走行の新規許可地域と既存許可地域(LTA提供)

シンガポールの陸上交通庁(LTA)は24日、自動運転車の試験走行ができる地域を現行の国内数カ所から、西部の公道全てに拡大すると発表した。さまざまな道路交通状況下で試験走行を実施し、技術開発を加速させるのが狙いだ。

西部全域の公道を加え、計1,000キロメートルを試験走行に利用できるようにする。LTAから承認を受けた団体のみを対象とする。向こう数年以内に順次拡大していく予定だ。

LTAは2015年から、自動運転車の試験走行を推進。これまでは、中部ブオナビスタ、西部ジュロンの環境配慮型工業団地クリーンテック・パーク、ジュロン島、南洋理工大学(NTU)、南端のセントーサ島で順次許可してきた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント