【インド】農機ソナリカ、合弁設立で中国に進出[製造](2019/10/23)

インドの農機・建機大手ソナリカ・グループ傘下のインターナショナル・トラクターズ(ソナリカITL)は19日、中国の魯宇重工機械との合弁会社ルユリカ(Luyulika)・アグリ・マシナリーを設立し、世界で2番に大きい中国のトラクター市場に進出すると発表した。

合弁設立により、魯宇重工機械は製品ラインアップを拡充し、ソナリカITLのトラクターを中国で販売することが可能になる。魯宇重工機械は、中国で小型ローダー、小・中型ショベル、フォークリフトを製造する建機メーカー。売上高は4億米ドル(約430億円)超に上る。

ソナリカITLのディーパック・ミッタル社長によると、ルユリカ・アグリ・マシナリーは合弁事業の第1期で1,000万米ドルを投じ、トラクターとエンジンの組立工場を設置する計画だ。魯宇重工機械と他の建機メーカー向けにホイールローダー用エンジンを組み立てる。ソナリカITLは既にトラクター用エンジンの輸出を手掛けている。

ソナリカITLはインドのトラクターメーカーで業界3位。世界120カ国以上で製品を販売する。ヤンマーホールディングスが出資している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント