【インド】アダニ、40億ドル化学施設の調査で覚書[化学](2019/10/21)

インドの複合企業(コングロマリット)アダニ・グループは、2024年までに西部グジャラート州ムンドラ港で建設を予定する複合化学施設の事業化調査で、海外3社と覚書を締結した。調査を共同で実施するのはドイツの化学大手BASF、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ国営石油(ADNOC)、オーストリアの石油化学企業ボレアリスの3社。同施設の整備にかかる投資総額は40億米ドル(約4,300億円)とみられる。PTI通信が17日に伝えた。

事業化調査を実施する複合化学施設には、プロピレンを生産するプロパン脱水素(PDH)工場などが含まれる。調査の終了は来年初頭、生産開始は24年を予定する。生産したプロピレンはADNOCとボレアリスが整備するポリプロピレン(PP)工場で一部使用されるほか、アダニとBASFがムンドラ港に整備を予定する化学原料工場の主要原料となる見通し。

アダニとBASFは1月、1,600億ルピー(約2,400億円)を投じてアクリル酸(GAA)やアクリル酸ブチル(BA)などを生産する工場を建設すると発表していた。生産した化学原料は、主に国内の自動車や建設、塗料などの産業向けに提供する。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント