【中国】対米報復関税の除外発表、潤滑油など16品目[経済](2019/09/12)

中国国務院(中央政府)関税税則委員会は11日、米国からの輸入品に課している報復追加関税について、適用除外とする品目の「第1弾」を発表した。関税番号ベースで16品目が対象となり、潤滑油などが含まれる。税率引き上げに伴う国内産業への打撃緩和を図る。

追加関税の適用が除外されるのは、このほか飼料用魚粉や非イオン型有機界面活性剤、飼料用乳清、潤滑油の基油などで、除外期間は今月17日から来年9月16日までの1年間。このうち12品目については、輸入者が既に支払った追加関税の還付も行う。

今回の第1弾は、中国が昨年7、8月に貿易摩擦における米国への報復として発動した500億米ドル(約5兆3,900億円)分の追加関税品目のうち、輸入業者から除外申請のあった品目について関税税則委員会が審査し、国務院が除外を認めたもの。申請を受理するに当たっては◇代替品の確保が難しい◇深刻な経済損失がある◇関連産業が深刻な悪影響を受ける――の3点を企業や業界団体が明らかにするよう条件を設けた。

同委員会は今月2日から、「第2弾」の適用除外申請についても受け付けを開始している。第2弾では、中国が昨年9月に追加関税を発動した600億米ドル分の品目が対象となる。

今回発表された適用除外品目の詳細は財政省のウェブサイト<http://gss.mof.gov.cn/zhengwuxinxi/zhengcefabu/201909/t20190911_3384638.html>で確認できる。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント