【インドネシア】きょうからナンバー規制を拡大、監視強化[運輸](2019/09/09)

3e9f6869 0e95 4cae a9d6 b403edeb69c3

インドネシアのジャカルタ特別州政府は、9日から車両ナンバープレート末尾の偶数奇数による通行規制の適用範囲を正式に拡大する。対象の道路付近に1,250人を配置し監視体制を強化する。7日付地元各紙が伝えた。

州警察は750人、州運輸局は500人を監視に充てる。監視カメラを用いた電子交通違反取り締まり(E―TLE)も活用して監視を徹底する。運輸局のシャフリン局長によると、違反した場合は最大50万ルピア(約3,800円)の罰金が科される。

州政府は8月12日からナンバー規制拡大の導入試験を実施している。対象範囲は従来の9区間から25区間に増やした。シャフリン局長は、試験区間の走行車両が実施前に比べて25%減少したと説明。「正式導入後は4割減に抑制できるのではないか」と述べた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント