【ベトナム】キリン、プラズマ乳酸菌商品を海外初投入[食品](2019/09/04)

キリンホールディングス(HD)は3日、独自素材「プラズマ乳酸菌」を使用した「iMUSE(イミューズ)」ブランドの清涼飲料をベトナムに投入すると発表した。同ブランドの海外販売は初めて。免疫機能を高めるプラズマ乳酸菌の東南アジア展開の第1歩と位置付ける。

同国のグループ会社インターフードが今月5日、スーパーやコンビニエンスストアなどを販路にオリジナル商品「KIRIN iMUSE」を発売する。ペットボトル入りで、容量は280ミリリットル。プラズマ乳酸菌を1,000億個配合し、ヨーグルトテイストのレモン風味となる。

プラズマ乳酸菌は、免疫細胞の「司令塔」であるプラズマサイトイド樹状細胞を直接活性化させられることが、世界で初めて確認された乳酸菌。キリンHDは今年4月、埼玉県狭山市の乳酸菌原料の製造拠点「iMUSEヘルスサイエンスファクトリー」を稼働させていた。

ベトナムでも、イミューズの投入により、清涼飲料の摂取による体調管理を提案していく。同ブランドの東南アジア戦略を計画しており、ベトナムを皮切りに、感染症の予防用として売り込む。現地でのプラズマ乳酸菌研究の開始も検討していく。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント