【ベトナム】青森県、食品商談会をホーチミン市で開催[食品](2019/09/03)

Fe9beb28 2022 41f2 abb0 e31b9294308c
青森県は、ベトナムで2回目の県産食品の商談会を開催した=8月30日、ホーチミン市

青森県は、ベトナムで2回目の県産食品の商談会を開催した=8月30日、ホーチミン市

青森県は8月30日、ベトナム・ホーチミン市でホテルや飲食店、仲卸業者など約70社からバイヤーや関係者を招き、県産品の商談会を開催した。

商談会は昨年に続き2回目。同県の8社が、ほたてや日本酒、菓子、りんご酢、にんにく加工品などを売り込んだ。商談会に参加した山神(青森市)は、自社で養殖したほたての加工品を売り込んだ。主力商品の「ほたてフライ」などには、多くのバイヤーが興味を示していた。

これまで同県は、台湾や中国、香港など東アジアの国・地域で拡販を進めて成果を上げてきた。近年は東南アジアを新たな販路開拓先とし、タイやシンガポールでも商談会を開催している。高い経済成長と豊富な人口を持つベトナムは有望な開拓先とみており、同県の担当者は「具体的な成果につなげるため、今後も参加企業の支援を継続していく」と話した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント