【インド】アマゾンのインド売上、23年に320億ドルに[IT](2019/08/30)

カナダの投資銀行RBCキャピタル・マーケッツによると、米インターネット通販大手アマゾン・コムのインドでの売上高が2023年までに320億米ドル(約3兆4,000億円)に到達し、インドがアマゾンの主要な市場の1つになるもようだ。タイムズ・オブ・インディア(電子版)が29日伝えた。

インド電子商取引(EC)市場で18年末に30%を占めたアマゾンのシェアは、23年までに35%に拡大し、インドでの売上高がアマゾンの海外売上高の13%、アマゾン全体の売上高の4%を占めると見込む。インドのEC普及率は約5%と拡大の余地が大きく、3年間の売上高の年平均成長率は26%になると予想され、中国(24%)や日本(9%)に比べて高い。

アマゾンは13年にインドに進出し、これまでに60億米ドルの投資を行ってきた。今月には小売り大手フューチャー・グループに出資することが明らかになっている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント