【台湾】TSMC、採用者に奨励金2カ月分支給[IT](2019/09/03)

ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は1日、現在行っている採用活動で、今年末までにエンジニア職として入社を決めた採用者に対し、奨励金として2カ月分の給与を追加支給すると明らかにした。好条件を提示して優秀な人材を確保したい考え。経済日報などが伝えた。

TSMCは、7ナノメートルプロセスの生産拡充を進める必要があることや、次世代の5ナノプロセス、3ナノプロセスの量産体制を整えるため、今年中にエンジニアを中心に3,000人を採用する計画。募集職種は半導体設備、研究開発(R&D)、IC設計などの各分野の技術職が主体。既に新竹市、台中市で面談会を開催し、新竹市では300人以上が参加した。今月8日には台南市でも開く予定。

TSMCは年度利益の15%を賞与として社員に還元している。2018年の賞与額は1人当たり約110万台湾元(約370万円)。台湾証券交易所(証交所、TWSE)によると、同社の管理職に属さない従業員の18年の年間平均給与は200万9,000元だった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント