【香港】中国公安当局、香港に初の渡航警報発出か[社会](2019/08/30)

中国公安省出入境管理局が最近、香港を訪れる中国本土の旅行客に「安全警報」を発したとの情報が伝えられている。事実ならば、香港が中国へ返還されて以来初めてという。29日付明報が消息筋の話として伝えた。

同筋によると、出入境管理局は27日、下部機関に対し、香港への旅行や就業などのビザ申請者に渡航安全警報を出すよう通知した。手続きの際には、申請者の身元などを確かめ、緊急時の連絡先を登録してもらうことや、暴力などの不法行為を受けた場合は必ず関係機関に連絡することを徹底するよう指示した。

香港では9月に政府などに対する抗議活動が再び過激化し、本土の中国人を狙った暴力行為などが起きかねないという公安当局の情勢判断が、背景にあるという。

旅行業の従業員でつくる労働組合団体、香港旅遊業雇員総会の林志挺・総幹事は安全警報の発令について「聞いていない」としながらも、「現在、多くの国・地域が同様の警告を発しており、本土当局が発令しても不思議ではない」と述べた。ただ、こうした状況が続けば香港への旅行意欲がさらに弱まり、「今後半年の香港旅行業界は悲惨な状況が続くだろう」と嘆いた。

同筋はまた、香港で続く抗議活動に関し、「(9月に新学期が始まる)学校で大規模な授業ボイコットが起きるかどうかが、香港問題に対して中央政府が対処方針を判断する分水嶺(れい)」になると指摘。仮にそうなれば、香港政府には対応力がないと判断し、中国政府が直接介入に踏み切る可能性があるとの見方を示唆した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント