【香港】香港航空、社員に無給休暇や勤務削減要請か[運輸](2019/08/29)

中国の複合企業、海航集団(HNAグループ)傘下の香港航空(ホンコン・エアラインズ)の従業員が、無給休暇の取得や勤務時間の削減を求められる可能性が出てきた。同社が27日、従業員に宛てた文書で明らかになった。「逃亡犯条例」改正案をきっかけとする抗議活動を受けて旅行延期や中止が相次ぎ、キャッシュフロー(現金収支)の不足を招いたことが主因。28日付サウスチャイナ・モーニングポスト(電子版)が伝えた。

香港航空は文書の中で「香港国際空港(チェクラプコク空港)での抗議集会の影響で、われわれが運航する数百もの香港発着便が欠航となった結果、キャッシュフローに影響が及んだ」と説明。その上で「香港で予測される困難な時期に向けて準備を整えられるように、未使用の年次休暇を消化してほしい」と従業員に呼び掛けた。

今後、全従業員を対象にパートタイム勤務や無給休暇制度といった追加的措置を検討していくとの方針も示した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント