【インドネシア】首都圏LRTは10月に商業運転、国営企業相[運輸](2019/08/27)

003e032e d344 451a a310 c6e516947a5b

インドネシアのリニ国営企業相は、建設中のジャカルタ首都圏軽量軌道交通(LRT)の東ジャカルタ・チャワン駅―西ジャワ州ハルジャムクティ駅(チブブール)区間が10月に商業運行を開始できると表明した。このほど建設現場を視察し、工事が予定通り進んでいることを確認した。

リニ氏は、ハルジャムクティ駅の工事現場を視察した。商業運転前には線路の状態や、電気系統が正常に作動するかなどの確認を行う必要があると指摘した上で、開業に向けて運輸省と許認可発行などで調整を進めていくと付け加えた。

リニ氏によると、チャワン―ハルジャムクティ駅区間の工事進捗(しんちょく)率は85%。

首都圏LRTは、チャワンを起点として東方に延びる東ブカシ間、西に延びるドゥクアタス間もある。建設工事を手掛ける国営アディ・カルヤのブディ・ハルト社長によると、全体の工事進捗率は64%。

リニ国営企業相(前列中央)は首都圏LRTの工事現場を視察した(国営企業省ツイッターより)

リニ国営企業相(前列中央)は首都圏LRTの工事現場を視察した(国営企業省ツイッターより)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント