【インドネシア】今年の自動車販売は7%減=トヨタ現法幹部[車両](2019/08/20)

トヨタ自動車のインドネシア現地販売会社トヨタ・アストラ・モーター(TAM)のフランシスカス上席ゼネラルマネジャーはこのほど、今年の国内自動車販売台数(ディーラーへの出荷ベース)が前年比7%減の107万台に落ち込むとの見通しを明らかにした。インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)が目指す110万台を下回る見込み。19日付インベストール・デーリーが伝えた。

米中貿易摩擦などによる世界経済の低迷が、インドネシアの自動車市場にも影響を与えるとみている。

1~6月の販売台数は前年同期比13%減の48万1,577台だった。フランシスカス氏は「下半期(7~12月)はここまで落ち込まないと期待している」と述べた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント