【香港】香港の資金が台湾へ、上期投資額は3倍超に[金融](2019/07/25)

台湾経済部(経済産業省)はこのほど、今年上半期(1~6月)の香港から台湾への投資額が3億4,000万米ドル(約368億円)と、前年同期の3倍に急増したと発表した。香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正を巡る直近の混乱を受けて、リスク回避の目的で資金を台湾に移す動きがみられると指摘した。23日付蘋果日報が伝えた。

台湾経済部によれば、台湾の域外投資受入額で、香港は3大投資元エリアに入る。日本に次ぐ規模で、韓国と同水準だ。下半期(7~12月)も香港からの投資の急増が続けば、年間投資額は2014年の5億9,000万米ドルを上回って、過去最高を更新する見込みも出てきた。

台湾経済研究院景気予測センターの邱達生・副主任は、「香港は高度な自主性を確保した関連法規の下で、世界から資金が集まってきた。ただ、逃亡犯条例改正を巡る議論をきっかけに、グローバル企業は香港の金融の自主性を懸念している。香港が自由な金融システムを維持できなければ、域内資本の流出や外資の香港撤退が進む」と指摘した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント