【タイ】ヤンマー、トラクターの無人運転を試行[農水](2019/07/25)

F998d1b9 e5b5 4e05 8d08 fa4d8b29dc26

農業機械大手ヤンマーグループのヤンマーアグリと、タイ現地法人ヤンマーS.P.は24日、タイ東部チョンブリ県シラチャーで、トラクターの無人運転のデモンストレーションを23日に実施したと発表した。日タイ両政府間の合意に基づき国際協力機構(JICA)などがタイで進める社会実験の一環で、農業人口の減少が見込まれる同国で農業の省人化と生産性の向上を目指す取り組みだ。

使用したのは、ヤンマーが昨年10月に日本で発売したロボットトラクター「YT5113」。直進のほか、旋回時のハンドル操作や作業機の昇降などを自動操作する機能を備えている。操作の指示は10.1インチのタブレット端末で行い、農地での作業領域や経路、運転中の走行軌跡などが手元で確認できる仕組みだ。

今回のデモは、タイ地理情報・宇宙技術開発機構(GISTDA)の宇宙施設「スペースクリノベーションパークから送られる高精度測位データを初めて農業分野に活用する実験だという。

ヤンマーの無人トラクター「YT5113」(同社提供)

ヤンマーの無人トラクター「YT5113」(同社提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント