【インド】車部品ナピノ、中国バッテリー企業と提携[車両](2019/07/25)

インドで自動車用電子機器の生産を手掛けるナピノ・オート・アンド・エレクトロニクスは23日、リチウムイオンバッテリーメーカーのファラシス・エナジーUSAと提携することで覚書を交わしたと発表した。同社は米国で設立され、中国に本社を置く。

ナピノはファラシスと提携し、インドで電動二輪車と電動三輪車向けのリチウムイオンバッテリーを開発する計画。同社のナビーン・クマール最高経営責任者(CEO)は、「ファラシスの最先端技術を活用し、安全で信頼できる高エネルギーバッテリーの供給を目指す」とコメントした。

ナピノは北部ハリヤナ州グルガオンを拠点に、自動車の電子制御ユニット(ECU)などを生産している。電気自動車(EV)向けの電子機器も手掛けており、複数の国内EVメーカーと取引がある。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント