【韓国】韓銀総裁、日本輸出規制で成長率引下げ示唆[金融](2019/07/25)

韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は23日、国会で開かれた企画財政員会での業務報告で「日本の輸出管理がさらに厳格化されれば、成長率の見通しを下方修正することもあり得る」と述べた。

韓国銀行は今月18日に発表した報告書で、国内総生産(GDP)伸び率の見通しを当初の2.5%から2.2%に引き下げたが、「日本の輸出管理強化の影響を十分に反映できなかった」(李総裁)という。第2四半期(4~6月)の成長率が1%台にとどまるとの見方が増える中、通年でも2%に届かない可能性も出てきた。

李総裁は政策金利の追加引き下げについては、「実体経済と資金の流れを全て見なければならないため、予測は難しい」としながらも、「状況が悪化すれば、(追加の引き下げなど)対応策について検討する」と述べた。韓国銀行は18日、政策金利を電撃的に0.25ポイント引き下げ、1.50%にしている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント