【インドネシア】ゴジェック、新しい会社ロゴを導入[運輸](2019/07/24)

Fc1cab22 a864 402c bc68 4cc93ca6fb01

インドネシアの配車アプリ大手ゴジェックは22日、新たな会社ロゴを導入した。創業9年目に際し、従来のオートバイの図柄から、事業の多角化を象徴するデザインに切り替えた。23日付ジャカルタ・ポストなどが伝えた。  

新ロゴの通称は「ソルボ」。地図上の目的地を示すアイコンとオートバイの車輪、オートバイに乗った運転手を俯瞰(ふかん)するイメージとした。

ゴジェックは2010年、オジェック(バイクタクシー)の配車オーダーを取るコールセンターとして設立された。15年にスマートフォン用アプリの提供を開始。現在はバイクタクシーと宅配、電子決済サービスを軸に幅広く事業を展開する。シンガポールやタイ、ベトナムにも進出、マレーシア市場に参入する方針も明らかにしている。所属する運転手は当初の20人から、現在は東南アジア域内で合計200万人以上に増え、提携先の店舗は40万店に上る。取引件数は3年前に比べて12倍に拡大した。

ゴジェックは新しい企業ロゴ(画面上)を発表した(同社提供)

ゴジェックは新しい企業ロゴ(画面上)を発表した(同社提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント