【台湾】マクアケ、uDesignと海外進出支援で提携[商業](2019/07/24)

サイバーエージェント傘下で、日本最大級のクラウドファンディングサービスを運営するマクアケ(東京都渋谷区)は22日、台湾・聯合報グループ傘下の聯合数位文創が運営する電子商取引(EC)サイト「uDesign」と業務提携したと発表した。台湾と日本双方向の企業の進出をサポートする。

日本の事業者向けには、マクアケでクラウドファンディングを実施し、目標金額を達成した事業者をuDesignに紹介。uDesignを通して台湾で製品を販売できるようにする。

台湾の事業者向けには、uDesignからマクアケに事業者を紹介。マクアケでのクラウドファンディングの実施を通して、日本での顧客獲得やプロモーション、テストマーケティングを行うことができる。

マクアケの担当者によると、uDesignはこれまでにもマクアケに台湾製品のプロジェクトを紹介。実行者となってクラウドファンディングを実施したこともあるという。

このうち、多様な替え芯に対応するチタン製ペン「TIJマルチチタンペン」とフードバッグの「Pockeat(ポケイート)」の2例は2018年末から19年にかけて行われ、共に目標額を大幅に超えて達成。TIJマルチチタンペンは目標20万円のところ、213人から570万円以上、ポケイートは目標20万円に対し211人から100万円を超える金額がそれぞれ集まり、支援者に製品が届けられた。

マクアケの担当者は、「単独での海外進出はコストが高い。2社を介すことでトライアルしやすくなる。今回の提携で、海外に出やすい流れを作りたい」と述べた。

uDesignは17年からサービスを開始。世界から集めたデザイン性の高い生活雑貨やインテリア用品を販売している。これまでに1,300以上のブランドと提携し、3万点以上の製品を取り扱っている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント