【韓国】現代・起亜自、リマックとの協力関係を強化[車両](2019/07/09)

941bc0a2 882a 4f41 a6ae 5752f0b5e501
現代・起亜自動車グループは、クロアチアの電気自動車(EV)メーカー・リマック・アウトモビリとの協力関係を強化していく(同社提供)

現代・起亜自動車グループは、クロアチアの電気自動車(EV)メーカー・リマック・アウトモビリとの協力関係を強化していく(同社提供)

韓国の完成車最大手・現代・起亜自動車グループは、クロアチアの電気自動車(EV)メーカー・リマック・アウトモビリとの協力関係を強化する。

現代・起亜自で商品・戦略本部長を務めるトーマス・シュミラ副社長がこのほど、クロアチアの首都ザグレブにあるリマック本社を訪れ、同社の首脳部と協力方策について議論したもよう。会合には同国のアンドレイ・プレンコビッチ首相や同国政府省庁の長官、ポルシェAGのルッツ・メシュケ副会長らも出席したという。

現代・起亜自動車は今年5月、リマックに8,000万ユーロ(約97億3,600万円)を出資した。同社の発行済み株の13.7%を取得し、3大株主の1社となった。高圧の電池制御技術や電気モーター技術に強みを持つリマックと協力し、2020年までにEVや燃料電池車(FCV)のプロトタイプを製作する方針だ。また、将来的には量産も視野に入れている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント