【ベトナム】サカタインクス、ベトナム南部に新工場[製造](2019/07/08)

総合インクメーカーのサカタインクスは5日、ベトナム南部ビンズオン省に新工場を開所したと発表した。北部バクニン省の工場と合わせて、同国3カ所目の工場となる。

新工場は、第1工場が入居するベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)内に建設された。これまで、第1工場でパッケージ印刷用の溶剤性インキと水性インキを製造してきたが、パッケージ用水性インキの生産を新設した第2工場へ移管した。6月からすでに一部生産を開始していた。

同社は国内における食品パッケージなどの需要拡大に対応するため、生産能力を増強させたと説明。「投資額や生産規模については公表を控えたい」(広報担当者)とした。VSIPの第1工場は2014年9月に火災事故により焼失したが、翌15年に同工業団地内に再建していた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント