【香港】BIS、フィンテック推進で香港拠点[金融](2019/07/03)

主要国・地域の中央銀行が加盟する国際決済銀行(BIS)はこのほど、香港に「イノベーションハブセンター」を発足したと発表した。フィンテック(ITを活用した金融サービス)の推進に向け、中央銀行間の国際的な協力体制を整える。1日付香港経済日報などが伝えた。

中央銀行の運営にテクノロジーが与える影響に関する研究や、テクノロジー関連製品の開発を推進して国際金融システムを強化する。BISは香港のほか、スイス・バーゼルでもイノベーションハブセンターを発足。準備が整い次第、シンガポールにも同様の拠点を置き、プロジェクトを始動する計画だ。

香港金融管理局(HKMA)の陳徳霖(ノーマン・チャン)総裁はBISの動きについて、「香港がフィンテック分野で世界をリードしていることの表れ。BISと連携し、中央銀行や各界の間で良好な協力関係の構築を促していきたい」と述べた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント