【インド】MGの第1弾ヘクター、122万ルピーで発売[車両](2019/06/28)

85b235f7 7567 4e8b 8ecb 994161446737
ヘクターは現代自の「クレタ」やタタの「ハリアー」などの競合になるとみられる(MGモーター・インディア提供)

ヘクターは現代自の「クレタ」やタタの「ハリアー」などの競合になるとみられる(MGモーター・インディア提供)

中国の自動車大手、上海汽車集団(SAIC)傘下の英系MGモーター・インディアは27日、第1弾車種となるスポーツタイプ多目的車(SUV)「ヘクター」を121万8,000~168万8,000ルピー(約190万~264万円)で発売した。ヘクターは、4日の予約受付開始から23日間で、1万台を超える注文が入った。納車は7月の初週から開始する。

排気量1500ccのガソリンエンジンモデルと、排気量2000ccのディーゼルターボエンジンモデルを用意。ガソリンモデルは◇マニュアルトランスミッション(MT)仕様:121万8,000~129万8,000ルピー◇MT搭載のマイルドハイブリッド仕様:135万8,000~158万8,000ルピー◇デュアルクラッチトランスミッション(DCT)仕様:152万8,000~167万8,000ルピー――の3仕様あり、ディーゼルモデルはMT搭載で131万8,000~168万8,000ルピーとなる。マイルドハイブリッド仕様車には、48ボルト(V)のリチウムイオンバッテリーを搭載した。

ヘクターにはロードサービスを含む5年間の保証が付く。また、MGモーターは自動車と二輪車販売の仲介サイトを運営するカーデコ・グループとの提携を通じて、車両の買い戻しサービスも提供するという。

ヘクターは国内に120カ所ある配送拠点から、各地の消費者の元に届ける。配送拠点の数は9月までに250カ所へと増やす計画だ。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント