【シンガポール】平均・健康寿命で世界トップ、米研究所[社会](2019/06/21)

C36b76a0 6e57 4f10 a7ec 2fc4481c68d0

2017年に世界で最も平均寿命と健康寿命が長かった国・地域はシンガポールであったことが、同国の保健省と米ワシントン大学保健指標評価研究所(IHME)の共同調査で分かった。

同調査によると、シンガポール人の2017年の平均寿命は84.79歳、日常生活を送れる期間を示す健康寿命は74.22歳だった。1990年との比較では平均寿命が8.7歳、健康寿命が7.2歳伸びている。2位は日本で平均寿命が84.19歳、健康寿命が73.07歳。

シンガポールの17年の平均寿命を性別で見ると、女性が87.55歳で世界1位、男性が81.94歳で世界2位だった。健康寿命は女性(75.81歳)、男性(72.58歳)でともに世界1位となっている。

シンガポール人が罹患した疾患や障害では、筋骨格系疾患が21%で最も多かった。これに精神障害(17%)、外傷(9%)、神経疾患(8%)、視覚など感覚器官の障害(6%)が続いた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント