【マレーシア】プロトン、5月販売は46カ月ぶり過去最多[車両](2019/06/11)

マレーシアの国民車メーカー、プロトンは9日、5月の販売台数が1万611台だったと発表した。2015年7月以来、46カ月ぶりに単月販売で過去最多を更新した。19年1~5月の累計販売台数は前年同期比で70%を超える伸びとなり、前月比でも51.3%増となった。プロトンは5月の市場シェアを17.2%と推計している。

好調な売れ行きを支えるのは、昨年末に発売したスポーツタイプ多目的車(SUV)「X70」に加えて、今年フェイスリフト(マイナーチェンジの一種)した小型セダン「ペルソナ」と小型ハッチバック「アイリス」の3車種。X70の販売台数は2,439台で、年初から5カ月間の納車台数は1万3,572台。ペルソナとアイリスの5月の販売台数はそれぞれ、2,972台、940台だった。両車種は4月の発表以降、合わせて1万台以上の予約を受け付けている。

このほか、小型セダン「サガ」は3,610台を売り上げた。初代の発売から34年が経ち、プロトンを代表する車種だが、今年下期に改良モデルを発売予定で、さらに販売が伸びるとみている。

プロトンのリー・チュンロン(李春栄)最高経営責任者(CEO)は「大幅な販売増は、これまでの製品、人材、販売店への投資が実った結果だ」と話し、年末まで増勢が続くと自信を示した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント