【マレーシア】プロトン販社、2社とR&Dの合弁会社設立[車両](2019/06/14)

1006741b 7a13 464f b059 6580da5f9f6b

マレーシアの国民車メーカー、プロトンの販売子会社プロトン・エダルは12日、地場通信事業者アルテル・コミュニケーションズ、車載電子製品や自動車のインターネット(IoV)のクラウドプラットフォームサービスなどを手掛ける中国の湖北億カ通科技(ECARX、カ=くちへんに加)と高度デジタル技術の研究開発(R&D)に取り組む合弁会社を設立することで合意した。

アルテルは第4世代(4G)移動通信規格による仮想移動体通信事業者(MVNO)。ECARXは中国自動車大手の浙江吉利控股集団の子会社だ。

3社は合弁会社を通じて、コネクティビティー(相互接続性)や自動運転、IoVなどデジタル技術に関するR&Dを進める。

プロトンでは昨年末から今年にかけて発売したスポーツタイプ多目的車(SUV)「X70」、小型ハッチバック「アイリス」、小型セダン「ペルソナ」、多目的車(MPV)「イグゾラ」にコネクティビティの機能を備えている。合弁会社設立によって高度なデジタル技術のノウハウを吸収し、特に東南アジア諸国向けの輸出車にコネクティビティのソリューションを導入していく計画だ。

プロトン・エダルは地場通信アルテル、中国のECARXと高度デジタル技術研究で覚書を交わした=12日、ペラ州タンジュンマリム(プロトン提供)

プロトン・エダルは地場通信アルテル、中国のECARXと高度デジタル技術研究で覚書を交わした=12日、ペラ州タンジュンマリム(プロトン提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント