【インドネシア】貨物トラックの通行規制、12日まで延長[運輸](2019/06/11)

インドネシア運輸省陸運局は9日、ジャワ島横断高速道路のうち中ジャワ州スマラン―ジャカルタ区間を走行する3車軸以上の貨物トラックが、12日までは自家用車の通行を優先し、代替道路を走行するよう物流業界団体に回状を公布して呼び掛けた。

同省は当初、8日午前0時~11日午前0時まで一部高速道路で通行を規制すると発表した。しかし9日時点で帰省先からジャカルタにUターンした車両は全体の3~4割程度にとどまり、今後も交通渋滞が続くと予想されるため、規制延長に協力するよう要請した。

運輸省は、高速道路の代わりにジャワ島北岸の幹線道路(パントゥラ)を利用することを提案している。例外として、帰省用の二輪車や石油・ガス燃料、輸出入貨物、飲料水、家畜、肥料、郵便物、現金、主食の運搬トラックは通常通りの通行を認めている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント