【中国】みらいコンサル、深センでシェアオフィス[サービス](2019/05/30)

みらいコンサルティング(東京都中央区)は深セン市できょう30日、同市への進出や現地企業との連携を模索する日本企業向けのシェアオフィス「深セン未来創新服務中心」をプレオープンする。成長スピードの速い深センで継続的、定点的に現地の状況を把握できるスペースを提供することを目指す。本格的な営業は7月上旬に開始する予定。

シェアオフィスの面積は約400平方メートルで、約20席のフリーアドレス方式(固定席を設けずに自由に着席するスタイル)の座席が設けられている。同オフィスは◇中国進出前の情報収集やビジネスマッチングなどを行うベース拠点としての機能◇深センの最新情報を日本企業に届ける情報提供の機能◇コンサルタントがビジネスマッチング交渉や現地での会社設立などを支援する戦略実行支援としての機能――を備える。

みらいコンサルはグループ傘下の中国法人、唯来企業管理諮詢(深セン)を通じて、これまでにも深センで日本企業に向けた現地での視察のアレンジや進出手続き、提携交渉などの支援を行ってきた。今回のシェアオフィス開設はこうしたサポート事業の一端を担うものとなる。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント