【香港】サザビーリーグ、尖沙咀に今秋カフェ出店[サービス](2019/05/31)

F91cbc7f 3e93 4a31 9f0f be5e2785abb4

生活雑貨の販売や飲食店の運営などを行うサザビーリーグ(東京都渋谷区)は30日、展開するカフェ「アフタヌーンティー・ティールーム」の香港1号店を、九龍・尖沙咀で今秋開業予定の商業施設「K11 MUSEA」に出店すると発表した。

紅茶のほか、サンドイッチやパスタ、スイーツなどを提供する。座席数や価格などは今後決める。

サザビーリーグは2018年、カフェ事業の香港・マカオでの独占ライセンス契約をティールーム(香港)と締結。ティールーム(香港)は18年7月の設立で、カフェなどを運営する香港企業コンフェクション・クレービングスが全額出資する。

K11 MUSEAは、香港のデベロッパー大手、新世界発展(ニューワールド・デベロップメント)が尖沙咀のソールズベリー・ロード(梳士巴利道)で開発する複合施設「ビクトリア・ドックサイド」のショッピングエリア。

アフタヌーンティー・ティールームは19年5月30日時点で日本国内に87店を展開する。海外では、台湾で流通大手の統一超商(プレジデント・チェーンストア)を通じてカフェ・雑貨チェーン「アフタヌーンティー」を展開していたが、17年に撤退した。

サザビーリーグの担当者は、今後の海外展開について「具体的にはまだ決まっていないが、積極的に検討していく」との方針を示した。

店内では紅茶やサンドイッチなどを楽しめる(サザビーリーグ提供)

店内では紅茶やサンドイッチなどを楽しめる(サザビーリーグ提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント