【インド】パタンジャリ、低価格牛乳で同業に対抗[食品](2019/05/29)

9dd63188 1782 41ed 8e9c 40ca9121c4ea

インドで食品・日用品(FMCG)を手掛けるパタンジャリ・アーユルベードは、牛乳やバターなど新製品の投入を発表した。競合他社が値上げに動く中、牛乳は他社より1リットル当たり4ルピー(約6円)安い40ルピーで販売する。民放大手NDTVが27日に伝えた。

デリー首都圏(NCR)、北部ハリヤナ州、西部のラジャスタン州とマハラシュトラ州で販売する。

パタンジャリの共同創設者であるヨガ指導者のラムデブ師は「少なくとも1日当たり40万リットルの供給を目標としている。牛乳は1万5,000軒超の農家から直接買い付けている」とコメントした。

地場の乳製品大手マザー・デアリーは先週、「アムル」ブランドの牛乳を販売する同業のグジャラート牛乳販売協同組合連盟(GCMMF)は今月20日、農家からの調達費用や生産コストの増大が原因で、牛乳の販売価格をそれぞれ1リットル当たり最大2ルピー引き上げたばかりだった。

新発売の乳製品について説明するパタンジャリのラムデブ師(同社提供)

新発売の乳製品について説明するパタンジャリのラムデブ師(同社提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント