【インド】携帯電話加入数、3月末は11.6億件に減少[IT](2019/05/23)

インド電気通信管理局(TRAI)は21日、国内の携帯電話の加入件数が3月末時点で11億6,181万件だったと発表した。前月末から2,187万件、率にして1.8%減少した。

都市部が前月末比0.9%減の6億5,049万件、地方部が3.0%減の5億1,132万件と、ともに減少した。州別では東部ビハールが400万件余り減少したのをはじめ、北部ウッタルプラデシュ(東部)、中部マディヤプラデシュ、西部のマハラシュトラ、ラジャスタンが200万件を超える純減となった。

サービス事業者別の加入件数は、ボーダフォン・アイデアが3億9,484万件でトップ。市場シェアは34%だった。以下、バルティ・エアテルが3億2,518万件(シェア28%)、リライアンス・ジオ・インフォコム(Rジオ)が3億672万件(26%)と続いた。

前月末からの増減では、ボーダフォンが1,453万件減、エアテルが1,513万件減、Rジオが949万件増。前月までと同様に上位2社のシェアをRジオが奪う形となった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント