【香港】香港の駐在員コスト、18年は6位に後退[経済](2019/05/23)

英人材調査会社のECAインターナショナルがこのほど発表したリポートによると、香港に出向する駐在員1人当たりにかかった2018年の平均コストは27万6,417米ドル(約3,050万円)だった。調査対象国・地域のうち、香港は前年から順位を1つ下げ6位に後退した。22日付香港経済日報が伝えた。

コストには給与や福利厚生費(住宅手当、子どもの教育費、交通費など)、税金を含む。前年からは7,903米ドル増え、増加分の8割近くを福利厚生費が占めた。

中国本土に出向する駐在員の18年の平均コストは31万204米ドル。人民元の上昇や給与の引き上げなどを背景に、順位は前年から1つ上がって3位となった。

駐在員コストの1位は英国で、1人当たり42万1,798米ドル。香港のライバル都市であるシンガポールは、香港を大幅に下回る19位(23万6,258米ドル)となった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント