【インド】中国シャオミ、スマホ自販機を導入[IT](2019/05/15)

14961a6c caec 4764 89ab b08afc31b7a8
シャオミの専用自販機。大都市を中心に設置を進めるという(同社提供)

シャオミの専用自販機。大都市を中心に設置を進めるという(同社提供)

中国スマートフォン大手のシャオミ(小米科技)は13日、自動販売機でのスマホ販売を開始すると発表した。首都ニューデリーや西部ムンバイ、南部ベンガルール(バンガロール)といった大都市の駅や空港、商業施設などで数カ月中に、専用自販機「ミ・エクスプレス・キオスク」の設置を始める。

ミ・エクスプレス・キオスクではスマホ本体に加え、イヤホンや充電器といった周辺機器を販売する。自販機は現金支払いと電子決済のほか、クレジットカードとデビットカードでの支払いにも対応可能という。

シャオミは自社通販サイト「ミ・コム」をはじめとするオンラインでの販売に強みを持つが、近年はオフライン販売を強化している。自販機の導入もオフライン強化の一環で、シャオミは自販機の導入で「ファンにストレスフリーで手軽な買い物体験を提供できる」としている。

オフラインでは大都市で直営旗艦店「ミ・ホーム」を50カ所以上、地方都市・農村部でフランチャイズ店「ミ・ストアズ」を500カ所以上それぞれ展開。提携小売店の数は5,000カ所以上に達している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント