【マレーシア】マ航空、学割プランでデジタル3社と提携[運輸](2019/04/26)

マレーシア航空は24日、18~26歳の学生を対象とした学割旅行プラン「MHエクスプローラー」で配車アプリ大手のグラブ、通信大手マキシス、旅行サイト世界大手の米エクスペディアと提携したと発表した。大手デジタル企業との提携を通じて、同プランへの登録会員数の増加を目指す。

MHエクスプローラーは、全ての登録会員に対して航空券を2割引きするほか、全ての座席クラスで預け入れ荷物を10キロ追加できる。さらに各社との提携により、◇エクスペディアを通じて国内ホテルの宿泊料が8%、海外ホテルが10%引き◇グラブを通じて、クアラルンプール、ペナン、ジョホール州セナイ、サラワク州クチン、サバ州コタキナバルの各国際空港からの配車運賃が8%引き◇マキシスを通じて、プリペイド携帯電話プランに特別料金で加入――の特典が付く。

マレーシア航空のイグナチウス・オン・グループ最高売上高責任者(CRO)は「昨年10月の発表以来、MHエクスプローラーへの引き合いは高まっている。提携によって新しい特典を加えることで、若い旅行者の需要に応えて旅を支援していく」とコメントした。

25日付スターによると、オンCROは記者団に対し「現在のMHエクスプローラー会員数は約5万人。年内に20万人まで引き上げたい」と述べた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント