【香港】香港で日本食材販促、健康促進絡め=領事館[食品](2019/04/25)

D08c14ac 7389 4564 a353 0c691514ecf2
日本食材を使い、健康を意識した中華料理のメニューを提案する尹達剛氏(左)=23日、佐敦(NNA撮影)

日本食材を使い、健康を意識した中華料理のメニューを提案する尹達剛氏(左)=23日、佐敦(NNA撮影)

在香港日本総領事館は23日、香港政府食品・衛生局と連携し、九龍・佐敦(ジョーダン)で料理のマッチングイベントを開いた。「Low Salt、Low Sugar」をテーマに、同局が推進している健康キャンペーンとコラボレーションし、香港で日本食材をより一層普及させるのが狙い。

イベントでは、昨年外務大臣表彰を受賞した中国料理調理師の尹達剛氏が講師を務め、全国農業協同組合連合会(JA全農)が日本各地から取り寄せて提供したコメや卵、鶏肉などの食材を使って調理を実演。尹氏が健康を意識してレシピを改善した揚州炒飯、鶏肉を使った中華料理の川椒鶏球を作った。続けて、イベントに参加した日本の地方自治体職員も実際に調理に挑戦した。

在香港日本総領事館の担当者は、香港市民の健康問題を解決することに繋がる取り組みと絡め、日本食材の販売促進において新たな方向性を提案したと説明した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント