【中国】政府がネット通販の販促イベント、28日から[商業](2019/04/25)

中国商務省は23日、インターネット通販の販促イベント「双品網購節」を28日から来月10日まで開催すると発表した。政府主導でネット通販企業に販促活動の実施を呼び掛け、消費を盛り上げることで景気の下支えを図る。

イベント名の「双品」は、優良な品牌(ブランド)と品質を兼ね備えた商品の消費を促進するという趣旨を表したもの。商務省電子商務局と国家郵政局市場監管局が主催、中国消費者協会が協賛し、阿里巴巴集団(アリババグループ)、京東(JD.com)、蘇寧易購集団など電子商取引(EC)の大手10社が参加する。

中国共産党と政府は昨年末に開催した中央経済工作会議の中で、2019年の重点経済政策の一つとして「強大な国内市場の形成」を打ち出した。李克強首相は今年3月に全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で行った政府活動報告(施政方針演説に相当)で、消費関連の新業態、新モデルを発展させていく方針を明確にしている。

国家統計局によると、第1四半期(1~3月)の小売売上高は前年同期比8.3%増の9兆7,790億元(約162兆7,400億円)。その中でもオンライン小売り額は21.0%増加しており、ECの成長が内需拡大をけん引する形となっている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント