【インドネシア】三菱自、1~3月小売り台数は3万台超[車両](2019/04/16)

779f6cdd 877e 4003 b342 a806e5de465e
MMKSIは2017年8月にエクスパンダーを投入。今年3月までの累計小売り台数は10万台に達した(同社提供)

MMKSIは2017年8月にエクスパンダーを投入。今年3月までの累計小売り台数は10万台に達した(同社提供)

三菱自動車のインドネシア販売子会社、ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・セールス・インドネシア(MMKSI)は15日、1~3月の新車販売台数(小売りベース)が3万4,100台に達したと発表した。小型多目的車(MPV)「エクスパンダー」が1万7,902台で半数以上を占めた。

MMKSIによると、エクスパンダーは同セグメントの市場シェアが31.4%だった。スポーツタイプ多目的車(SUV)「パジェロ・スポーツ」は、二輪駆動車(4×2)の中型SUVセグメントでシェアが45.7%だった。

小型商用車の販売台数は1万537台だった。このうち小型ピックアップ・トラック「コルトL300」が6,802台。4×2の小型ピックアップ・トラック部門でシェアが76.7%となった。「トライトン」は四輪駆動車(4×4)の小型ピックアップ・トラック部門でシェアが61.1%だった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント