【インド】VWの西部チャカン工場、出荷100万台達成[車両](2019/04/22)

537ef9c9 4601 4755 9594 4bf2f7fa6910

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は19日、インド西部プネ近郊チャカンの工場の出荷台数が100万台に到達したと発表した。100万台目はインド向けに開発されたセダン「アメオ」だった。

同工場は2009年3月末に稼働した。インド国内の需要への対応を目的に設置されたが、現在はアジアとアフリカ、北米、南米の50カ国余りへの輸出拠点としても活用されている。同工場の輸出実績は40万台を超えている。

同工場では、VWだけでなくチェコの「シュコダ」ブランドの自動車も生産しており、最初に生産された自動車は同ブランドのハッチバック「ファビア」だった。

VWは西部プネ近郊の工場で100万台の出荷を達成した(同社提供)

VWは西部プネ近郊の工場で100万台の出荷を達成した(同社提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント